税理士募集中!

カテゴリ:未分類( 38 )

日本船侵入の動機は撮影させること(産経新聞)

【SS元船長 論告の要旨】

 シー・シェパード(SS)抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)に対する論告求刑公判で、検察側が読み上げた論告の要旨は以下の通り。

 ■傷害の発生状況

 被告が所属するシー・シェパード(SS)は、平成18年1月ごろから、日本鯨類研究所が毎年、船団を南極海に派遣して実施している捕鯨調査への妨害行為を繰り返していた。同研究所が21年11月から22年4月まで、母船の日新丸や多目的船の第2昭南丸など5隻で編成された船団を南極海に派遣して実施した捕鯨調査に対しても、21年12月17日ごろから妨害行為を繰り返した。

 SSは22年2月11日にも、午後5時22分(日本時間)ごろから調査船団への妨害行為を続けたため、妨害行為排除などの任務が与えられていた第2昭南丸の船長は、乗組員らに妨害行為の排除業務などに当たらせながらも、同船団母船の日新丸を追尾する妨害船、スティーブ・アーウィン号などを追尾していた。

 被告は2月11日午後11時ごろ、スティーブ・アーウィン号から降ろされたエンジン付きゴムボートで第2昭南丸に接近し、他のSS構成員とともに、同船にガラス瓶のようなものを投げ入れようとしたが、同船に設置された侵入防止ネットに阻まれた。

 すると被告は、ゴムボートで第2昭南丸に接近して左舷側を併走し、約15メートル離れた地点から、圧縮空気式発射装置(ランチャー)を用いて、酪酸(らくさん)の入ったガラス瓶を、乗組員の近くの第2昭南丸の左舷側船橋部を目がけて発射した。

 当時、第2昭南丸は、約2.1ノットの追い風の中、14.1ノットで航行しており、甲板上の人間にとっては、船首から船尾に向かい約12ノットの風が吹いている状況だった。

 ガラス瓶は容量約350ミリリットルで、酪酸が詰まっており、総重量は約450グラムだった。酪酸は腐ったバターのような不快なにおいだけでなく、強い腐食性があり、皮膚への接触は、痛み、発赤、水疱、皮膚熱傷などを、目への接触は、痛み、発赤、重度の熱傷、視力喪失などを起こす、非常に危険な物質。

 被告がガラス瓶を発射した際、第2昭南丸の甲板上では、船長が、船橋上部の甲板上で操船を指揮するとともに、船橋の甲板上に2人が、その下の上甲板上に○○(公判では実名)ら4人が配置されるなど、合計16人が甲板上で妨害行為の排除業務などに従事していた。

 ガラス瓶は、目標地点から船首側に約2メートルそれた船橋部の操舵(そうだ)室付近に激突して粉々に破裂し、瓶の破片や酪酸の一部は、船橋甲板上の操舵室左側の通路に飛散して、付近にいた乗組員の来ていたかっぱなどにふりかかった。酪酸が付着した通路上の塗装は、まだら状に変色した。

 上甲板上にいた3人は、ガラス瓶が破裂した直後、ほおや目の痛み、発赤、充血などの症状を呈し、目を開けていることも困難な状態となり、船橋甲板の船尾側にいた1人もほおに刺激を感じた。

 3人は船内のシャワールームに入り、顔面を水で洗うなどの手当てをしたが、○○には最も顕著(けんちょ)に症状が現れて、目は充血し、上まぶたや両ほおが赤くはれ、左ほおの発赤の中心部分は白い水疱を生じており、水疱がかさぶたとなってはがれるまで約1週間を要した。

 第2昭南丸の船内は、手当てに追われるなどして混乱状態に陥ったため、船長は、スティーブ・アーウィン号などの追尾を一時中断して、調査船団から離脱した。

 ■被告の行為と被害者の負傷の因果関係

 被告がゴムボート上からランチャーでガラス瓶を発射して第2昭南丸に激突させた直後に、乗組員3人は、ほおや目の痛みなどの症状が生じたため、直ちに真水で洗い流すなどした。

 その状況について○○は「被告がランチャーを構え、筒先がブリッジ(操舵室)の方向を向いていたので、私は顔を右斜め上に上げてブリッジの方向を見ていたところ、暗い赤色っぽい物が飛んでいった。その1、2秒後、目がぼやけて開けづらくなり、両目と両ほおが痛くなった。痛みとほぼ同時に、酪酸のにおいがしたため、酪酸が顔にかかったと思った。私はその場にしゃがみ込んだ。目が開けられず、失明するのではないかと思ったが、シャワールームまで連れて行かれ、目とほおを水で洗った。顔で自分の顔を見たところ、目は充血し、両ほおは赤くなっていた。左ほおは水ぶくれになっていた。室内は酪酸のにおいが充満した」と証言している。

 別の乗組員の1人は「左舷側の上甲板上で、私の横に2人おり、私より船首側約10メートルの位置に○○がいた。被告が何かを発射し、ランチャーの銃口から赤い煙が出て、ゴムボートから歓声が上がるのが聞こえた。その1、2秒後、目や顔に痛みを感じて目を開けられなくなり、同時に酪酸の異臭が漂ってきた。1人が痛みを訴えており、船首方向では○○がうずくまり、うなるような声をあげていた。私を含め3人が、シャワールームで顔と目を洗浄したが、○○のほおは、わっという感じで、まぶたが腫れ、目も充血して、両ほおが真っ赤になり、真ん中あたりが白く水ぶくれのようになっていて、本当に痛そうな顔をしていた」と証言している。

 また、第2昭南丸乗組員が撮影した動画に、被告がランチャーを発射した直後、乗組員らの「大丈夫か」「酪酸だ」などという声が聞こえて船内が騒然となった状況や、数分後にシャワールームで○○ら3人が、目やほおを必死に洗浄している姿が記録されている。

 2月11日午後11時すぎに○○の顔面を撮影した写真には、特に右目が充血し、上まぶたや両ほおが赤く腫れ、左ほおに水疱が生じているなどの症状がはっきりと撮影されている。症状は、酪酸を皮膚や目に浴びた場合に生じる典型的な症状と一致している。日新丸の船医は、2月13日、送信された前述の写真の画像を見ながら、無線で症状を確認する方法で問診し、○○を全治約1週間の顔面化学熱傷と診断している。

 酪酸が強い腐食性のある非常に危険な液体であることは文献などから明らか。飛散した甲板上の塗装が変色していることからも、腐食性が強く、人体に危険を与える危険性があったことは明らか。実際に、○○ら2人が目に痛みを感じ、目の充血など典型的な症状が出ている。○○らが酪酸で負傷したことは明らか。

 第2昭南丸上では、船首から船尾へ約12ノットの風邪が吹いており、操舵室の壁面に激突したガラス瓶内の酪酸が、風の影響などで下部後方へ飛散し、船橋甲板から下の上甲板上に達することは社会通念上も合理的に理解し得る。

 実際、激突地点から約11.6メートル風下にいた乗組員らも悪臭をかぎ、目などへの痛みを感じていることを考えると、酪酸は広範囲に飛散し、破裂地点に近い位置にいた○○が酪酸を浴びたことに疑いの余地はない。

 ○○らはフェイスガード付きのヘルメットを装着していたが、公判で、○○の場合、フェイスガードと顔面との間には約5センチメートルのすき間が空いていたことが明らかになっている。○○はガラス瓶の行方を確かめるため斜め上方を向いていたことなどから、飛散した酪酸が顔面に付着したことに、不自然・不合理な点は存在しない。

 第2昭南丸の乗組員がインパルス銃で発射した液体は、発射した乗組員が「船内の水道の真水である」と供述しており、鑑定でも、タンクの液体に催涙成分などが含まれていなかった。「インパルス銃内の化学物質で○○らが負傷した」とする被告の主張は、言いがかりに過ぎない。

 外科を専攻し、長年の経験を積んできた船医は、写真や問診により、○○に化学熱傷による水疱ができたことを確認し、水疱がかさぶたになれば、治癒するまでに最低1週間程度はかかることを根拠に全治約1週間の化学熱傷と診断した。その判断を不合理とする事情は存在しない。

 被告がガラス瓶を発射したのは、第2昭南丸の乗組員の業務を妨害しようとしたからであり、乗組員の全くいないところへ発射しても無意味だ。被告は、甲板上で乗組員が業務中であることを確認し、ほぼ正確に位置を認識していながら、ランチャーで、乗組員の1人から約4メートルの船橋部目がけて瓶を発射している。ランチャーはSSの手製で、正確に命中できる性能を持っているとは考えがたい。約15ノットで疾走するゴムボート上から発射し、狙った地点に命中させるのは困難で、実際、狙いより約2メートルそれた位置に瓶が激突している。

 被告は、そもそも乗組員の近くをめがけて瓶を発射し、瓶を破裂させて破片や酪酸を飛散させ、乗組員の身体に破片や酪酸の悪影響を及ぼすことを意図してこの行為に及んだ。すなわち、乗組員への暴行の故意を有していたことは明らかだ。実際に、酪酸を浴びた○○が傷害を負っており、暴行による結果的加重犯として被告に傷害罪が成立するのは明らか。少なくとも、傷害の未必的な故意を有していたことは明らか。

 被告は22年3月12日午前11時16分、第2昭南丸船室内で海上保安官に艦船侵入罪で通常逮捕されたあと、靴下内に隠し持っていたナイフの存在を自己申告した。しかし、申告はすでに海上保安官が逮捕に着手した後であり、申告するまでもなくナイフは見つかる状況だった。被告がナイフの存在を海上保安官に申告しても、自首にあたらないことは明らかだ。

 ■情状

 SSは、「調査捕鯨は違法だ」との主義主張に基づき、調査船団の捕鯨調査を妨害するため、妨害船で故意に調査船に衝突する▼ロープを投下して調査船のスクリューに絡ませる▼甲板上に酪酸などの入ったガラス瓶を投擲(とうてき)する−など、危険で悪質な妨害行為を長年にわたり、組織的かつ執拗(しつよう)に繰り返してきた。

 SSの活動は、国際捕鯨委員会(IWC)で、反捕鯨国を含む全会一致の非難決議により、国際的に非難されている。SSはこうした批判を無視して妨害行為を続けており、その一貫である本件の各犯行も悪質である。被告はSSの主義主張だけでなく、暴力的で危険極まりない妨害活動に自らも積極的に参加しようと考え、本件各犯行に及んでおり、刑事責任は重い。

 しかも犯行現場は南極海であり、十分な治療行為は不可能で、こうした点でも危険な犯行だ。

 被害者らは化学薬品を目に浴びたことで、激しい痛みが続いただけでなく、失明などのおそれも感じており、被害者らが被告の厳重処罰を望むのは当然だ。第2昭南丸は一時、船団からの離脱を余儀なくされ、被告が侵入したことで、予定より早く調査船団を離脱して帰国せざるを得なくなった。船団も予定の調査業務に重大な支障を生じた。

 被告は侵入に、テレビ番組のカメラマンを同行させていただけでなく、侵入後もしばらく甲板上に身を潜めた上で、夜明けになり、カメラマンを乗せたヘリコプターが接近したのを確認してから、侵入を乗組員に明らかにしている。侵入の主目的は、「衝突の責任を追及する」として船長らに接触する場面を、カメラマンに撮影させることにあったのは明らかだ。

 また、「衝突の責任が第2昭南丸側にある」とする被告の主張が、一方的な言い分に過ぎない。

 被告が所持していたナイフは、全長約33センチメートル、刃体の長さ約19センチメートルの鋭利なもので、被告は侵入後、実際には船内にナイフを隠しておきながら、「海に捨てた」と虚言を述べていた。海上保安官にナイフの携帯を申告したことで、斟酌(しんしゃく)すべき事情と認めることもできない。

 被告は「傷害は自己の犯行によるものでない」と述べており、反省の情が認められない。共犯者であるSS構成員らの特定、関与についての供述も拒んでいる。現在も、SSの妨害行為の正当性を主張しており、今後、同様の再犯に及ぶ恐れも認められる。

【関連記事 SS元船長求刑ライブ】
(1)ベスーン被告、除名処分「受け入れる」 赤らんだ顔で傍聴席ぐるり見回し
(2)「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告
(3)「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人
(4)「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」
酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識

鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
<殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-06-15 19:18

余部鉄橋架け替え 地域支え100年 有終の「赤」(産経新聞)

 鉄道ファンだけでなく多くの人たちから親しまれてきた「余部鉄橋」(兵庫県香美町)が7月16日、約100年の歴史に幕を閉じ、約1カ月の運休後、コンクリート製の新橋へ役目を譲る。鋼鉄の棒を組み合わせて橋げたを支える「トレッスル式」鉄橋として日本一の規模を持つ余部鉄橋の最後の姿を撮りに日本海へ向かった。

 余部鉄橋は、JR山陰線鎧(よろい)駅と餘部(あまるべ)駅間を結ぶ、全長309・42メートル、高さ41・45メートルの鉄橋。明治45年に完成した。

 この鉄橋の名を有名にしたのは、悲惨な事故だった。昭和61年、鉄橋を渡る回送列車が突風にあおられ転落、水産加工場と民家を直撃し6人が死亡した。

 この事故の影響もあって架け替えの話が進み、コンクリート橋梁(きょうりょう)の設置が決まった。平成19年に起工、今年8月に新橋の運用を開始する予定だ。現在の鉄橋は一部を残して取り壊される。

 大阪から列車と車で約4時間。国道のカーブを抜けると余部鉄橋が姿を現した。真下から見上げた鉄橋は、赤茶色の細い鉄棒が無数のボルトでつながれ、橋の大きさよりも、橋脚の細さに驚かされる。

 すぐ隣には、巨大なコンクリート製の橋脚。完成間近のコンクリート橋は重厚な雰囲気で、繊細な鉄橋とは対照的だ。

 夜の鉄橋撮影に挑戦した。ファインダーに、街灯と車のテールライトに照らされた鉄橋がかすかに浮かび上がる。待つこと1時間、ディーゼルのエンジン音と列車が橋を渡る音が重なった「ゴー」という重い音が聞こえてきた。車窓から漏れる光の連なりがゆっくりと鉄橋を通過していく。午後9時47分、最終列車が通過し、一日が終わった。

 翌日、鉄橋の近くでギャラリーを開く米澤照夫さん(62)に、山中の撮影ポイントに案内してもらった。ジャングルのような山道を進むと、樹木の間から鉄橋が見えてきた。到着して間もなく、列車が鉄橋を渡っていった。

 次のポイントへ。新緑で美しい木々に囲まれた新旧2つの橋は、1世紀を超える鉄道の歴史の象徴に見えた。

 「せっかく余部まで来てもらったなら、上からも見てほしい。コンクリートの橋もなかなか立派でしょ」と米澤さん。建設工事が着々と進められていた。

 余部鉄橋の最後の雄姿を追った2日間。約100年の歴史を知るには短い時間だった。町民の生活を支え、また歴史的遺産として多くの人を魅了した余部鉄橋。新たな橋に想いが引き継がれることを願って、鉄橋に別れを告げた。(写真報道局 澤野貴信)

「あなた大丈夫?」「待ってくれよ…」 還暦の絆「夫婦富士登山」はいかが(産経新聞)
スカイツリー伸び悩み…展望台工事優先で(読売新聞)
若年層の献血離れ深刻 すそ野を広げる“仕掛け”(産経新聞)
<普天間移設>外相「追加アセスも」 「環境型」念頭か(毎日新聞)
口蹄疫のワクチン費用、国が負担=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-06-04 10:41

小沢幹事長 再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した小沢氏を改めて容疑不十分で不起訴処分としたと発表した。同審査会が第2段階の審査を行い、11人中8人以上が再び起訴すべきだと判断すると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。

 議決後の再捜査で、特捜部は小沢氏本人と衆院議員、石川知裕被告(36)ら3人の元秘書から改めて事情を聴いた。しかし、小沢氏の指示などを裏付ける新たな供述は得られなかったため、元秘書らとの共謀を認定することはできないと判断した。

【関連ニュース】
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

都条例改正に漫画家ら反対声明(時事通信)
逃走中に車横転、男2人重軽傷 神戸市(産経新聞)
<野球賭博疑惑>琴光喜関を任意で聴取 警視庁(毎日新聞)
東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終(J-CASTニュース)
レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-05-27 21:50

種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)

 長い年月をかけて作り上げるブランド牛の「種牛」。貴重な牛だけに、宮崎県高鍋町の県家畜改良事業団でも家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」への防疫対策を取っていたが、施設内で感染の疑いが発生した。

 肉牛の生産が盛んな九州各県でもブランド牛の種牛を守るため警戒を強化している。

 同事業団には種牛55頭のほか、種牛の肉質を検査・評価するために飼育している259頭がいた。このうちの5頭に口蹄疫感染の疑いがあり、同じ農場にいた種牛49頭も家畜伝染病予防法に基づき殺処分される。残りの主力級6頭は同県西都市に避難ずみ。

 宮崎県によると、同事業団では、県内で口蹄疫の疑いがある牛が確認された後の4月27、28日にシートで牛舎内を仕切り、牛を分離。発生が多発している同県川南町の職員は出勤を控えさせ、牛舎に入る際はシャワーを浴びるなど衛生面に注意していた。

 こうした対策の中でも、施設内で感染の疑いが判明したことを受け、他県の種牛施設は警戒を強めている。

 長崎県内の大半の種牛を扱う同県肉用牛改良センター(平戸市)。全国的に有名な「平茂晴」のほか「雲仙丸」「勝乃勝」など29頭を飼育している。

 口蹄疫発生前は、外部からの車両を消毒、訪問者には消毒した長靴に履き替えて入場してもらっていた。

 宮崎県で発生後、22日にセンター内で検討会議を実施。同日から、病原菌が入らないよう、種牛の見学など県内外からの訪問は基本的に断り、敷地内に入ることを禁じた。職員も畜産業者の会議や牛の視察など県内外への出張は見合わせている。

 佐賀県武雄市の県畜産試験場では「佐賀牛」につながる認定種雄牛1頭と、その候補牛7頭を飼育。4月の口蹄疫発生から、PRのための一般見学を中止している。県畜産課の担当者は、「感染防止対策として種雄牛の分散飼育も検討するが、県土が小さく、万が一県央で発生すると、県全域が移動制限区域になる可能性もあるなど、課題は多い」と頭を悩ませている。

 ◇種牛=霜降りが入るなど食用としての品質が高い子牛を生産するため、雌牛に精液を提供する雄牛。家畜改良増殖法に基づき、農林水産省が認定している。2009年度末で全国で1829頭が認定されており、畜産の盛んな県や民間業者が保有している。

<婚姻届>元妻の16歳連れ子と…57歳男が勝手に提出(毎日新聞)
「四重苦」救う3つの介護政策―NPOが提言(医療介護CBニュース)
始祖鳥の化石を化学分析=最新技術で構造解明へ−英米チーム(時事通信)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)
賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-05-19 02:01

民主・山岡氏「普天間ってのは雲の上のお話」(産経新聞)

 「普天間っていうのは何か、雲の上のお話のようだ」−。民主党の山岡賢次国対委員長が6日、党本部で開いた党全国女性議員ネットワーク会議の総会でこんな発言を行い、米軍普天間飛行場の移設問題で揺れる沖縄県の女性市議にとがめられ、すぐさま発言を撤回する一幕があった。

 山岡氏はこの日、小沢一郎幹事長の代わりに急遽(きゅうきょ)、登壇し、「普天間の話や政治とカネの話は直接国民の生活には影響していかない」などと発言。激怒した糸満市の伊敷郁子市議が「私たちにとっては生活を破壊される大きな問題だ!県民を冒涜(ぼうとく)しているようだ」と猛抗議、周囲の議員からも拍手が起こった。

 山岡氏はあわてふためいて即座に陳謝。「私は民主党の中でも一、二の沖縄通です」などと苦しい釈明に終始していた。

【関連記事】
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
普天間問題で社民・照屋氏が首相批判「あきれてものが言えない」
普天間問題で民主・山岡氏「国民生活に影響しない」 糸満市議の抗議で撤回
石破氏が普天間問題で「移設の自民党案つくるべき」
普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<山陽道・車炎上>死者は岡山の運転手と大阪の会社員2人か(毎日新聞)
強風、水…事故相次ぐ 4人死亡(産経新聞)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)
ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)
石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-05-11 23:09

<事業仕分け>第2弾スタート 47法人を精査(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議は23日、独立行政法人(独法)と公益法人を対象にした「事業仕分け第2弾」を東京都内の貸し会議場で開始した。前半は独法を対象に土・日曜を除く28日までの4日間実施する。47法人計151事業を精査し、事業の重複などの無駄を洗い出すとともに、独法の再編を含む制度改革につなげる方針。昨年秋の仕分け第1弾が評価された経緯から、支持率低落の続く政権の浮揚策としても期待しており、鳩山由紀夫首相は23日午前、記者団に「長年の天下りなど、あかを完全に洗い流し、大掃除をやってもらう。私も大いに期待している」と語った。

 仕分け作業は民主党の蓮舫参院議員ら与党国会議員8人と民間有識者32人が二つの作業グループに分かれて行う。23日午前、内閣府所管の「沖縄科学技術研究基盤整備機構」と厚生労働省所管の「労働政策研究・研修機構」を皮切りにスタート。

 沖縄機構は12年度開学を目指す「沖縄科学技術大学院大学」の運営母体で、国内外の研究者らで構成する「運営委員会」の経費に関し、委員に支払う謝金や職員給与が高いとみて仕分けを行う。労働機構については、労働大学校(埼玉県朝霞市)での労働行政担当職員向けの研修や労働政策研究など3事業を対象に、廃止を含めあり方を検討する。

 23日午後は、外務省所管で昨年の第1弾でも類似施設が多いことなどが問題にされた国際協力機構(JICA)や、民間事業との重複が指摘される国土交通省所管の住宅金融支援機構などを取り上げ、同日中に計9法人・28事業について廃止・縮減などの判定を下す予定だ。

 会場は東京・日本橋の民間の貸し会議室「TKP東京駅日本橋ビジネスセンター」。一般にも公開して行われ、開場前から数十人の傍聴希望者が列を作った。インターネットでの動画中継も実施している。【影山哲也】

【関連ニュース】
事業仕分け:調査員の1年生議員、力量試される?
事業仕分け:第2弾は47独法 JICA、入試センターも
枝野担当相:「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補
事業仕分け:「仕分け人」が独立行政法人の東京事務所視察
枝野氏:「事業仕分け」の舞台裏記した著作を出版

青森市で官製談合 公取委が改善措置を要求(産経新聞)
名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-04-24 16:37

キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)

 文化庁は15日、奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末〜8世紀初め)の壁画を複製した陶板を公開した。玄武や白虎など四神像を、表面の凹凸も含めて実物大で再現している。壁画は保存のため、08年までに石室内からはぎ取られており、陶板で石室内の様子を知ることができる。16日から同村奥山の奈良文化財研究所飛鳥資料館で始まる春季特別展示「キトラ古墳壁画四神」で展示する。

 実際の石室(高さ約1.1メートル、幅約1メートル、奥行き約2.4メートル)に合わせ、東西南北と天井、床の計6面の陶板を製作。はぎ取り前にデジタルカメラで撮影した画像データなどを焼き付け、色などを精巧に再現した。製作費は約5000万円。

特別展示は6月13日まで。

【関連ニュース】
<必見!写真特集>発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見
<関連記事>高松塚古墳:飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集
<関連記事>1972(昭和47)年3月21日:高松塚古墳から極彩色の壁画発見
<関連記事>赤土山古墳:「はにわの里」見に来てね! 整備完了、遺構を実物大で復元 /奈良

略称「日本」で混乱、田中康夫氏が不快感(読売新聞)
水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議(産経新聞)
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-04-21 22:44

漁港で車転落、男性死亡=仮眠直後? 、運転誤る−福井(時事通信)

 15日午前10時ごろ、福井県小浜市川崎の小浜漁港で乗用車が岸壁から海に転落した。大阪府高槻市神内の無職本田厚一さん(67)と妻(67)が乗っていた。引き揚げられた車からは本田さんが見つかり病院に搬送されたが、死亡が確認された。妻は自力で脱出し無事だった。
 県警小浜署によると、車のサイドブレーキはかかっていたが、シフトレバーはドライブに入っていた。急発進しており、同署は、仮眠を取ったばかりの本田さんが運転操作を誤ったとみて調べている。
 夫婦は14日に自宅を出発し、15日午前9時半ごろに小浜漁港に到着。釣りをする予定だったが、天気が悪かったため岸壁から5メートルほどの場所に駐車し仮眠を取っていたという。 

<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か−宮崎県警(時事通信)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
村本さん、無言の帰国=タイで銃撃のジャーナリスト−成田空港(時事通信)
簡易アンテナ無料で貸し出し=地デジ受信環境の確認用−総務省(時事通信)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-04-20 00:11

築地市場 マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)

 東京都は6日、都中央卸売市場・築地市場(中央区)でのマグロの競り場の見学を、8日から5月8日までの1カ月間中止すると発表した。4月7日と5月9日は市場が休みで、5月10日から再開する。3月末から見学者が増え始め、5日は500人以上が行列を作るなど、見学エリアに人が殺到。安全確保や市場業務に問題が生じているため決めた。年末年始以外の見学中止は初めて。

 築地のマグロ競り場は「日本観光」の人気スポット。繁忙期を理由に08〜09年と09〜今年の年末年始は見学中止にしていた。

 都によると、見学者の9割以上が外国人観光客。以前から、魚にふれるなどのマナー違反も問題化していた。今回、市場関係者から「仕事にならない」と多数の苦情が寄せられたという。

【関連ニュース】
築地市場:移転予算、30日に成立へ
築地市場:移転予算削減めぐり特別委質疑延期 東京都議会
築地市場移転:都議会民主が都側に条件付け折衝開始
築地移転:民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除
築地市場:豊洲移転暗礁に 都議会民主が用地削減案提出へ

首相動静(4月6日)(時事通信)
空を流れる黄河があった(産経新聞)
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区(医療介護CBニュース)
日米首脳会談なし、代わりに隣り合わせの夕食会(読売新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ−国交省(時事通信)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-04-13 00:56

ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)

 世は相変わらずのラーメンブーム。

 しょうゆ、みそ、とんこつ、魚介系など多彩なスープに、つけめんや油そばと、食べ方もバラエティーに富む。でも最近、あの白地にピンク色の渦巻き模様を、めっきり見かけなくなった。そう、「なると」はどこへ行っちゃったの?

 キツネ色のスープに、ピンク色の渦巻きが8個も浮かぶ「なるとラーメン」。川崎市幸区の「麺(めん)屋一刻」の店主、橋本裕貴さん(32)がメニューに載せたのは2004年12月のことだ。

 「彩りにこだわった」というのが理由だが、売れ行きは芳しくない。月に20杯の注文があれば多い方で、1日200杯の「ラーメン」に遠く及ばない。それでもメニューから外さないのは、「近頃あまり見かけないでしょう。あったらうれしくないですか」。

 赤い着色料を添加した魚のすり身を、白いすり身で巻いて蒸した「なると」の“本名”は「鳴門巻」。鳴門海峡の渦潮が語源という説が有力だ。

 「新横浜ラーメン博物館」(横浜市港北区)の宣伝・広報課長の中野正博さん(35)によると、なるとがラーメンの具に登場したのは大正〜昭和初期。そば屋がラーメンを扱うようになり、そばやうどんに添えていたなるとが、そのままラーメンの具になったとみられている。

 以来、鶏ガラスープにしょうゆ味の東京ラーメンを中心に重要な具となったが、中野さんは「ラーメンの具としては明らかに減っている」と指摘する。同館に入る全国の有名店など9店も、一般的な「ラーメン」に使っているのは1店だけだ。

 全国に数万店といわれるラーメン店は、年間1000店以上が廃業する一方、ほぼ同数がオープンするという。「なると」を使う昔ながらの店は減り、新規店には敬遠されがちということらしい。

 その訳をラーメンジャーナリストの北島秀一さん(47)はこう指摘する。

 「ラーメン業界は競争が激しい。チャーシューやメンマと違い、なるとは味の工夫をしにくい。彩り以外ではもはや存在感が薄い」

 生産量の約7割を占めるとされる静岡県焼津市。「焼津蒲鉾(かまぼこ)商工業協同組合」によると、なるとの08年の出荷量は約4160トンで、1998年の約7100トンに比べ、約4割も減っているという。なるとの未来は、どうなってしまうのか。

 立ち上がったのが、製造業者だ。焼津の「カネ久商店」は08年秋、黒地に白い渦巻き模様の奇抜な「なると」を売り出した。すり身に竹炭と黒ごまを配合し、見た目だけではなく栄養面も重視。昨年9月には東京・千代田区のラーメン店に採用された。山口県宇部市の「宇部蒲鉾」も同7月、ユズや紫芋を使った5色の「なると」を商品化している。

 「なるとには、ラーメンらしい雰囲気を出す役割がある。コスト削減や味を理由に、店にも客にも、なるとを具にする心の余裕が無くなってきたのでは。大げさだが、なるとは世情を反映するバロメーターだと思う」。北島さんは寂しげにそう語る。

 新横浜ラーメン博物館では「なると」のキーホルダーが売れ筋商品の一つ。まだまだ巻き返しは可能では。ガンバレ、「なると」!(竹下誠)

武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ(医療介護CBニュース)
「教祖意思で組織的テロ」=異例の捜査概要公表−長官銃撃時効で警視庁(時事通信)
アムネスティ 中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
【Web】ニコニコ動画が楽天の試合を生中継(産経新聞)
新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)
[PR]
by cpxbzdd0zs | 2010-04-08 01:11



税理士で、やる気のある方大募集
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧